POC ヘルメット

 

楽天トラベル スキー・スノーボード特集

↑↑↑↑北海道や、長野など、人気のスキーツアーが探せます。

POCヘルメットのレビュー

 
POC〔ポック スキーヘルメット〕Fornix〔フォーニックス〕
pocの中では定番のフォーニックス。

今回、自分用のヘルメットを初めて買いました。と言いますのも、先シーズン、急斜面の大回りで派手に転倒して、15メートルくらい滑落してしまった時がありまして、やっぱりヘルメット被ったほうがいいかな・・・という思いに至った次第です。家族でスキーに行く時は、子供には絶対ヘルメットを被せていますし、でも自分は被らないでもいいわと思っていると、ぶつかって来られたりとかどんな落とし穴があるかもわかりませんしね。

で、ヘルメットなんて簡単に決まるかなと思っていたんですが、決めるのもなかなか迷って決まらないんですね。メーカーは、GIROとか、SWANS、UVEX、POCあたりで決めようかなと思って、ショップで見ていたんですが、形もいろいろ、カラーもいろいろでとにかく迷います。自分の頭の形に合う、合わないがありますし、こればっかりは実際に被ってみないとわかりません。

ヘルメットの形状的にはPOCが一番かっこいいと思っていて、POCで合うのがあればと思って、色々被ってみました。まず、サイズですが、MでもLでもきつい!まさかと思ってXLを被ってみると、なんとちょうどいい感じです。服のサイズなんかは全部Mなのですが、自分が身につけるものでXLなんてものはないですからすごい違和感です。私は頭のサイズは59cmですが、XLが59cm〜60cmとありますので、やっぱりXLで良いんだなと。スウェーデン人はよっぽど頭が小さいのか・・・・。

で、POCのReceptor BUGが値段も手ごろなので、とりあえず被ってみましたが、XLでも頭がきつい。何と言うか、頭の上の方が締め付けられる感じです。頭の幅が狭く取ってあり、これも西洋人向けの設計なのかもって思いました。かと思いきや、Sinuse SLや、Fornixは被った感じ、変な当たりが出るとかそういう事はなかったので、同じメーカーのヘルメットでも合う合わないがあるという事がわかりました。

poc ヘルメット

また、POCの場合、Fornixにはゴーグルアタッチメントがありますが、人気のReceptor BUGや、Sinuse SLにはアタッチメントが付いていません。これって不便はないのかどうなんだろうと思い、ネットで探していたら、ゴーグルクリップっていうのがある事がわかりました。どうやって使うかもオフィシャルサイトにも出ていなくて、探すのに苦労しましたが、結論から言えば、Sinuse SLを買えばゴーグルクリップも付属していて、どうやって使うかっていうと、下の長いほうの爪を、ヘルメットのシェルと緩衝材の間にぶっ刺すというものです。

poc ヘルメット

で、実際ゴーグルを装着してみると・・・。気休め程度って感じですね。でも、今回POCのヘルメットに合わせて、POCのゴーグルも買ってみたのですが、そこでわかったのがPOCのゴーグルだと、ゴーグルのバンドの裏に、滑り止めゴムみたいなものが付いていて、これがあればヘルメットにゴーグルがベタっと貼りつく感じになって、ゴーグルを目から上に外したぐらいでは元からゴーグルが外れてしまうような不都合はないという事です。ただ、滑り止めゴムが付いてないゴーグルとあわせるとあまり良くないかもしれません。

poc ヘルメット

また、ゴーグルクリップを使う場合、POCのゴーグルは真後ろに止め金が来ないので良いですが、止め金が真後ろに来るメーカーのものだとクリップは使えないんじゃないかな?いずれにしても言える事は、ヘルメットとゴーグルには相性があって、選ぶときは実際にヘルメットとゴーグルを一緒に装着してみて選ぶ事かなと。私は普段からめがねを装着してますので、ゴーグル+ヘルメット+めがねで考えないといけないので、今回のゴーグル、ヘルメット選びはすごく苦労しました。POCのゴーグルは、Retinaを選びましたが、Iris Compとかだと上下の幅が大きくて、めがねがはまる位置にゴーグルを持ってくるとゴーグルが下に下がって鼻の気道をふさいでしまいます。これも色々試した結果、Retinaが一番しっくり来ました。

POCは強度が弱いとか色々言われてますが、私はポールに入るわけでもないので、今回一番欲しかったPOCを選びました。皆川健太郎さんの特集をテレビで見た時から、ヘルメット買うならPOCにしようとずっと思ってたんですよね。ただ、たまたま自分の頭に合ったものがあって良かったのですが、ヘルメットは実際に被ってみて決めましょう。あまり緩すぎてぐらぐらしてもいけませんし、どっかが当たって痛いというのも駄目ですし。サイズもメーカーによって違いますし、自分の頭の形にあったものを選ぶことが大事かなと。その上で自分のお気に入りのデザインとか条件が当てはまるものを選んでみましょう。

poc ヘルメット
Sinuse SL、箱の中身、チンガード、パッド類、袋、ゴーグルクリップなんかが入っています。

poc ヘルメット
ゴーグルクリップです。これをヘルメット後部のシェルと緩衝材の間に長い爪の方をぶっ刺します。
poc ヘルメット
POCはデザインが良くて気に入ってます。ゴーグルクリップを使えば一応は大丈夫ではありますが、こんな商品もあります。↓↓↓

 
ゴーグルグリップ (MICRO)
POCのクリップだと何だか頼りないので私はこれを使っています。


スポンサードリンク


 

関連ページ

SMITHのゴーグルI/OXをレビューしてみました
スミスのゴーグル、I/OXを買ってみましたのでレビューしてみたいと思います。
スキー小僧1級くんと、ガンダム(RX-78 2)と性能がどっちが上か?検証した結果
スキー小僧1級くんと、ガンダム(RX-78 2)とではどちらが性能が上か?比較、検証をしてみた。
スキーやっている時の邪魔な荷物はこれで解決!おすすめリュックはこれ!
スキー、滑るときのバッグの紹介。スキーをやってて邪魔になるのが財布や車の鍵、携帯電話などの小物類ですよね。最近、使ってみて良かったリュックを紹介します。
HEAD(チロリア)のビンディングの調整をやってみました
HEAD(チロリア)のビンディング調整のやり方について
スキーグローブの売れ筋ランキング
スキーグローブの売れ筋ランキング。スキーグローブの選び方について。
子供用スキーヘルメットの選び方
子供さんがスキーをやる際には必ずヘルメットをさせましょう。子供用スキーヘルメットの選び方について。
おすすめのスキーストックは伸縮でカーボン
スキーのストック、おすすめは伸縮できて、カーボン素材のものです。おすすめのストックを紹介します。
THULEベースキャリアのレビュー
THULEベースキャリアのレビューをしてみました。
スタッドレスタイヤはやっぱブリザックが一番だなと思う
スタッドレスタイヤはやっぱりブリザックが一番良いと思います。凍結した路面での性能は、他社とは一線を画している感があります。
スキーキャリアの使い方について考えてみる
スキー板をキャリアに乗せる方法について。スキーキャリアの使い方。