スキー上達

 

リフト券付きなど特典付きツアー⇒じゃらん スキー、スノーボードツアー

スキー上達のために

スキー上達

 

「スキー上達のために」カテゴリートップです。スキー技術に関すること。管理人が習った事などを書き留めています。

スキー上達のために記事一覧

【2015年12月23日更新】私は現在40歳代なのですが、昨シーズンに自分のスキー技術においてのブレイクスルーがありまして、「あぁ、この歳になってもスキーが上手くなるんだな。」と自分でも少し驚いています。スキー技術も私が学生の頃にはカービングスキーがなかったので、今とは全く違う技術を教わりましたし、カービングスキーが登場してからも技術や指導方法が固まるまでに何年もかかったような感じなので、紆余曲折...

コブをかっこよく滑ってみたいのは、スキーヤーなら共通の目標だと思います。難しいシチュエーションはありますが、コブを滑る為のコツはあります。私が意識しているのは以下のとおりです。これが出来れば、大体のコブではうまく行くはずです。ひとつづつ説明します。雪面から腰までの高さをキープして滑るまず滑り出しで低くなった状態から滑り始めます。一般的に、コブを越える時には脚を曲げ、ミゾでは脚を伸ばしますよね。そこ...

スキーがうまくなりたいならどうすれば良いでしょうか?その昔、スキークラブの先生に、ちゃんとワックスを塗っているか?と聞かれて、たまにしか塗っていないと言ったら、「そりゃあ、うまくならんわ。」と言われた事がありました。今では、たまにはホットワックスをして、滑る前にはちゃんと固形のワックスを塗って、コルクやフェルトでこするくらいの事はしています。初心者だったころは、板なんて滑るに決まっているからワック...

自称中級スキーヤーで、どうしても上級者になりきれずに悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。上級者と中級者とでは、一体何が違うのでしょうか?多くの場合、中級者は板の踏み込みが甘いです。スキーというスポーツは、板を踏む事が重要です。スキーを踏む事くらい知っているよ、と思われるかもしれませんが、自分では踏んでいるつもりでも、実際には踏めていないかもしれません。何で踏めていないのに踏めていると思う...

スキーの後傾の話をしたいと思います。スキー初心者の代名詞、それが後傾です。後傾というのは、進んでいくスキー板に対して、重心が着いていかず、後ろよりに体が傾いてしまう事を言います。結果、かかとに乗っている状態となり、コントロールができず、ちょっとターンを始めたらテールのエッジが立って転んでしまいます。初心者から脱出する頃は、この後傾を治そうと意識する事になります。上体を前へ前へ持って行こうとするんで...

私、管理人の場合、スキーで最も難しいのは、急斜面、整地のショートターンです。はっきり言って、コブ斜面の方が滑りやすいくらい。コブなら滑るラインが自ずと決まりますが、整地だとターンをするきっかけがない。急斜面だと暴走しやすいし、落差もどれだけ取っていいのか?横への移動距離はどのくらいか?わからないのです。コブ斜面ならコブに合わせて滑るだけですから。それで昨シーズンは、急斜面の小回りを重点的に練習しま...