スキー 小回り 上達

 

楽天トラベル スキー・スノーボード特集

↑↑↑↑北海道や、長野など、人気のスキーツアーが探せます。

小回り上達のために意識する事

私、管理人の場合、スキーで最も難しいのは、急斜面、整地のショートターンです。

 

はっきり言って、コブ斜面の方が滑りやすいくらい。コブなら滑るラインが自ずと決まりますが、整地だとターンをするきっかけがない。急斜面だとどのくらいの落差を取って良いのか?とか、色々迷ってしまいます。

 

それで昨シーズンは、急斜面の小回りを重点的に練習しました。いや、重点的にと言いますか、ほぼ急斜面の整地しか滑ってない。コブ斜面もほとんど行かず、大回りで滑ったら気持ち良さそうな斜面であっても殆どショートターンばっかりやっていますした。

 

それでなんですが、私なりにつかんだポイントがあるのでそれを紹介したいと思います。

 

板を踏まない

急斜面の小回りでは板を踏みません。上手な人が滑っているのを見ると、小回りでも踏んで、開放して、とやっているように見えるのですが、実際にはそれをやると体が遅れてしまうのでやりません。板を踏むのではなく、板を動かすだけ。積極的に板を踏まない。踏まないように滑ること。急斜面では積極的に踏まなくても、落下する外力が、何もしなくても沢山かかるので、荷重しないように意識するくらいがちょうど良いものと思われます。

 

両足荷重

落下を食い止めようと思って、谷側の足を突っ張ってハの字になってしまうのがありがちなパターンですが、両足に荷重する事でそれを防げます。なるべく板を、右と左、5:5で荷重するイメージを持つことです。

 

実際には5:5は難しいので、外8:内2くらいから外6:内4、最終的には5:5に近づけていくと良いと思います。外9:内1とかだと急斜面を滑るのは難しいと思います。脚の回旋動作は、股関節からひねるのではなく、腰の上から回します。スキーと腰が同じ方向を向くようにします。そうすると両足荷重がやりやすいです。

 

ターン後半でエッジを外す

これは超重要な事ですが、小回りの後半部分(山まわり)で、スキーのエッジを外すイメージを持たないと小回りは滑れません。小回りの後半でいつまでもエッジを立てていると、次のターンの谷回りに入っていけないのです。

 

逆を言えば、ターン後半で積極的にエッジを外していけば、次のターン前半には驚くほどスムーズに入っていく事ができます。この意識がないばかりにうまく滑れないっていう人は多いと思います。

 

ストックは軽く突く

上半身に力が入っているとうまく滑れません。着いた時の衝撃を受けない為にもストックは軽く突きます。

 

目線は遠くへ

整地、小回りでも目線は遠くへ向けます。これだけの事なのに、やるとやらないのとでは全然違います。私も昨シーズン教わった事で、非常にカルチャーショックだったことです。

 

昨シーズン、スキーが上手な人とスキーに行って教えてもらっている時に、私が、
「急斜面の整地小回りは、コブ斜面と違ってどこでターンすれば良いとかそういう目印がないので逆に滑りにくい。」
と言ったところ、
「コブ滑る時ってどこ見てます?」
と聞かれました。
「4つか5つ前くらいのコブを見てますよ。」と言ったところ、
「整地でも同じですよ。」
と言われたのです。あれ以来ですね。急斜面でうまくいくようになったのは。

 

スポンサードリンク

 

 

関連ページ

スキー上達のコツ 中級者向け
「スキー上達のために」カテゴリートップです。スキー技術に関すること。管理人が習った事などを書き留めています。
コブをうまく滑る為に必要な要素とは?
スキーでコブ斜面をうまく滑る為のコツ、技術について。
スキー上達への第一歩 道具を大事にすること
スキーがうまくなるにはどうしたら良いでしょうか?まずは道具を大事にする事が基本だと思います。チューンナップもそうですが、そもそも道具を大事に扱う事を覚えましょう。
スキー 中級者から上級者になるためには・・・
なかなかエキスパートスキーヤーになれないと悩んでいる、自称中級スキーヤーの方へ。中級スキーヤーから上級スキーヤーになるためには何が必要なんでしょうか?中級スキーヤーに欠けているものとは?
後傾と前傾の話 スキー上級者への道
なかなかエキスパートスキーヤーになれないと悩んでいる、自称中級スキーヤーの方へ。中級スキーヤーから上級スキーヤーになるためには何が必要なんでしょうか?スキーの後傾の話。