HEADi.SPEEDの紹介、レビュー

 

楽天トラベル スキー・スノーボード特集

↑↑↑↑北海道や、長野など、人気のスキーツアーが探せます。

やっぱり洋物は凄かった・・・。


平成28年7月16日更新
HEAD スーパーシェイプ ispeed

どうも。僕です。昨年、オガサカからHEADのSUPERSHAPE i.SPEED(アイスピード)に乗り換えまして、感想などを述べたいと思います。

【スペック】

HEAD i.SUPERSHAPE SPEED+(ビンディング)PRX12S 15〜16年モデル
長さ ショベル部 センター幅 テール部 ラディウス
177 120 66 99 15.5
170 119 66 98 14.3
163 118 66 97 13.2
156 117 65 97 12.1

テクノロジー

ERA 3.0 ⇒ 高い安定性、振動減衰、簡単なグリップ、簡単なターンが可能に。

KERS ⇒ ターン中のフレックスにより生じた運動エネルギーをチップに蓄え、  ターン終端に放出することでスキーのテールを硬化させ、  付加的なパワーと加速を生み出すというシステム。


私が買ったのは163cmです。ラディウス13.2m。

まず、持った感じが軽い。板が軽いのかビンディングが軽いのか?おそらくは両方だと思いますが、上級スキー=重い という先入観があったので、若干、大丈夫か?と思いましたが結論は全く問題ありません。

スピードという名の通り、ロングターン向きかと思いきや、コブなどの不整地でも全然いけます。特徴としては、ターンの捉えが抜群に良いです。今までキャンバースキーに乗っていたので余計にそう感じるという事もあるかと思いますが、ターンの導入が簡単で、今までみたいにターン前半に気を使わなくて済むようになりました。

スポンサードリンク


ターン中は程よくスキーがたわむのを感じます。そしてKERSのお陰かはわかりませんが、抜けが良いので整地のロングターンだと凄く気持ちが良いです。また、整地のショートターンだとターンの導入が簡単な分、同時操作が非常にやりやすいので、その分早めに板を踏む方に意識を持っていけるようになりました。

それと、振動吸収という事ではかなり優れていると思います。試乗会で色々なスキーを履いて得た結論です。スキーの表側に振動吸収装置が付いているのをよく見かけますが、HEADのスキーは目で見てそれとわかるような器具は付いていないように見えるにもかかわらずです。HEADの公式ページにも記載がありますが、ERA3.0というシステムで、圧電型インテリファイバーをスキーのトップに使う事でロッカースキーにありがちなトップの振動を抑えているのだそうです。流石、ワールドカップで戦っているメーカーは開発費やテクノロジーも違うんだなぁというのが正直な感想です。メイドインジャパンが一番だと思っていたのですが、どうやらそうでもなさそうです。

あと、KERSというF−1マシンか?と思うようなちょっと怪しい(?)装置が付いていますが、振動エネルギーを電気エネルギーとしてチップに蓄え、プログラミングによりちょうどいいタイミングで放出し、テールの電圧ファイバーが固くなり、ターボがかかったような加速が得られるというものです。これって、例えばコブ斜面だと邪魔になるのではないかと思っていましたが、全く心配ありませんでした。でも、確かに抜けは良いです。気持ちの良い加速は得られていますが、あまり気にする事もないかと思います。電圧ファイバーはむしろ、ERA3.0の振動吸収にこそ効果があるのではないかと私は思います。



あと、2016ー2017モデルから、グラフィンという新素材が採用されているらしいです。グラフィンはテニスのラケットに使われている新素材だそうで、グラフィンを使う事でセンターの厚みを薄く、その分トップとテールに配分が可能になり、結果扱いやすさと安定感が増したとの事です。テニスラケットの新素材を応用するというところがメーカーとしての力ですね。こういった事ができるメーカーは限られるでしょう。

後、軽くてフレックスもしなやかなので、スキー板をそろえて滑って来れるようになった、初心者を卒業されたくらいの方でも扱えると思いますし、2016−2017年モデルだと山田卓也デモが言うように、技術選でも通用するくらいのレベルらしいので、中上級の方でも滑りごたえは十分だろうと思います。オールラウンドで迷ったらHEADi.speedでしょう。買って後悔する事は、まずないと思います。

 

スポンサードリンク

関連ページ

スキー板の選び方《おすすめスキー板》
スキー板に関する事について書いています。スキーメーカーの事、インプレッションなどについて、管理人が思った事や、感じた事など。独断と偏見に満ちておりますのでご容赦ください。
《スキー 初心者》の板選び 初心者におすすめのスキー板
スキー初心者の、板の選び方について。技術のレベルに合ったスキー板を選ぶ事は、スキーの上達にとって非常に重要な事です。おすすめの初心者用スキー板の紹介。
人気のスキー板 中級〜上級用基礎系
中級〜上級用基礎系スキー板の紹介。サロモン、オガサカなどの基礎系スキー板の評価、おすすめのスキー板について。人気のサロモンやオガサカの人気モデルの紹介
《スキー》2016年モデルを試乗してきました
スキーの2015年‐2016年モデルを試乗してきました。私なりの感想、インプレッションです。
2015-2016 中級〜上級用スキー板の評価
2015-2016 サロモン、オガサカなどの基礎系スキー板の評価、おすすめのスキー板について。人気のサロモンやオガサカの人気モデルの紹介
オガサカスキーの評価 オガサカのここがおすすめ!
オガサカのスキー板は値段が高いというイメージがありますが、決してそんな事はありませんよ。オガサカのスキー板をおすすめする理由とは?
私がオガサカ KS-GP-01を選んだ理由
オガサカのKS-GP-01を買いました。オガサカ KS-GP-01を選んだ理由。KS-GP-01の評価、レビュー
HEADのスーパーシェイプiSPEEDを買ってみた
HEADスーパーシェイプispeedを買ってしまいました。ispeedのレビュー、感想
モーグル用のスキー板ならこれ!
モーグルのスキー板はメーカーが相次いで撤退していますので、選択幅はかなり限られます。K2、ID one、エランあたりが製品をリリースしていますが、それでも1種類くらいしか出してません。おすすめモーグル板、など。
スキー板の化粧面に雪が付着するのを防ぐ方法
スキーの化粧面(滑走面じゃない方)に雪がくっつかない方法について
ヤフオクなどで中古のスキーを買う時に気を付けるべき事
ヤフオクなどで中古のスキーを買う時に気を付けるべき事があります。