スキー板の選び方

 

楽天トラベル スキー・スノーボード特集

↑↑↑↑北海道や、長野など、人気のスキーツアーが探せます。

スキー板の選び方


 これからスキーを始めたいけど、どうやってスキーを選べば良いかわからない

 久しぶりにスキーをやるが、昔のスキー板と全然違う

 今のレベルに合ったスキー板が欲しい

と、思っている方へ。

自分がまずはどんなスキーを目指すのかによって、選ぶスキー板は変わります。

スキー板の種類は、おおまかに言うと、

■ 基礎用(デモ用とも呼ばれます)
■ 競技用
■ モーグル用
■ フリーライド系


に分かれます。

【基礎用のスキー板】

オガサカ スキー U-SS-1
オガサカの基礎スキー用の板です。ユニティの中では最上級モデルで、オガサカのフラッグシップモデルとなっています。
オガサカ スキー U-SS‐2
ユニティ U-SS-1の下位モデルで、脚力のない女性、初心者から中級者向けのスキーです。 SS-1よりもたわみを出しやすくしています。柔らかめの板。これから始める方にはぴったりの板です。

一般のゲレンデスキーヤーなら、基礎用のスキー板をチョイスするのが一番ベストだと思います。 現在主流となっている基礎用のカービングスキーは、オールラウンドタイプで長さが165cmくらいのものが主流かと思います。

カービングスキーはサイドカーブがきつく、板がずれにくい為、高い滑走性能があります。乗っていて、かなり気持ちがいいです。その反面、ずれにくいと体への負担は大きくなります。

しかし、そこでトーション(ねじれ剛性)が強ければより切れた滑りをする事が出来、弱ければ適度にスキー板が「逃げて」くれますので、スキーが遅い反面、体への負担は軽くなります。

初心者〜中級者レベルの方、体力に自信のない方でしたら、柔らかめのスキー板で、トーションもそんなに強くないものをチョイスしましょう。あまり硬い板だと疲れやすいですし、上達の妨げにもなります。

初心者にはサロモンやオガサカ、ヘッドなど、有名なメーカーの製品で、初心者〜中級者用のカービングスキーでフレックス、トーションが柔らかめのものが良いと思います。間違ってもSLやGSなどの競技用の板など選ばないように!

右基礎スキー板を楽天で探してみる

また、スキー場には整地されたバーンもあれば、アイスバーンやコブ斜面、春スキーにありがちな悪雪など様々なシチュエーションがあります。 いわゆる、オールラウンドタイプのスキー板なら、大体どんなシチュエーションでも滑る事ができます。

持てるスキー板が一台だけと言われれば、基礎用のオールラウンド系の板を選ぶと思います。反面、どこでも滑れる板は一番つまらない板であるとも言えます。 上級者になってくると、小回り専門の板とか、スペシャルな板を持ちたくなります。

スポンサードリンク

【モーグル用のスキー板】

K2 244〔トゥーフォーフォー〕


K2のモーグルスキー。153cm、163cm、173cmがあります。基礎用のカービングスキーよりは長めの設定です。

 

オリンピックなんかでモーグルに興味を持つ人もいるでしょう。モーグルの板を履いたとしても、派手なエアーを飛ばなければならないわけでもありませんので、最初からモーグルの板を履くのもありです。

 

それに、昔のノーマルスキーに形状が近いので、昔スキーをやっていて久しぶりにスキーをやられる年配の方や、体力に自信のない女性の方でしたら、かえってモーグル用の板を履いた方が恐らく違和感はないと思います。

 

 

モーグル用のスキー板を履いているからといって、必ずしもコブを滑らなければならない事もありません。

 

でも、ちょっと上達してくると、切れたロングターンが出来るようになってきます。そうするとやはり基礎系の板の方が気持ちよく滑れる事は確かです。あと、モーグルの板は前がかなり柔らかめです。私なんかは普段、基礎の板に乗っているのですが、モーグルの板だと全然気持ちよく滑れません。コブを滑るのに特化した特殊なスキーっていう認識です。

 

あと、モーグラーがコブで作った縦の溝を、基礎用の板でトレースしようとしても無理です。モーグルの板を履いたことがない人は、何であんなラインで滑れるのかと思いがちなのですが、モーグル板を履いてみれば一発でわかります。

【競技用のスキー板】

 フォルクルRACETIGER SL WC D

このSL板のひとつ前のモデルを2015年春の試乗で履きましたが、SL板なのに扱いやすくて好印象でした。軽快でキレキレな板です。安定性も良好でした。どっちかというと基礎系に近いような感じでした。

 

競技用のスキー板は、速く滑る事を目的に作られています。競技には、スラローム(回転)やジャイアントスラローム(大回転)、スーパーG、滑降など種目があって、それぞれの競技用にスペシャルなスキー板が存在します。

 

初心者の方には全くおすすめしません。SL(スラローム)用などの小回り系のスキー板は、初心者にとっては張りが強すぎて扱いづらく、上手な人でもコブに入っていくのは難しいですし、GS(ジャイアントスラローム)用の板の場合も、高速での安定感を重視していますので板が長くて扱いにくいですし、なかなか曲がってくれません。

 

逆に中上級になってくると、オールラウンドの板一台だと何となくもの足りなくなってきます。

競技をやってなくても、一台くらいはスペシャルな板を持ちたくなります。特にキレッキレのSL板なんかはショートターンがキュンキュン回ってくれて楽しいです。

【フリーライド用のスキー板】

 ARMADA


パウダー、バックカントリー用の板。深雪で沈みにくいように幅が広くなっています。サイドカーブもきつくなく、ルーズに滑ることができます。基礎みたいにきっちりかっちり滑るのは嫌だという自由人に向いた板であると言えるでしょう!

 

フリーライドスキーと言うと、深雪、バックカントリー用のいわゆる山スキー用と、オリンピックで正式競技となったスロープスタイルみたいなパークで遊ぶものがあります。最近、バックカントリー流行りですね〜〜〜。

 

パークに入るスキーヤーを良く見かけるようになりましたが、白馬47あたりへ行くと、フリーライドの板を履いたスキーヤーがとんでもない技を繰り広げていて、一瞬自分の目を疑ってしまいます。基礎の板でパイプやキッカーへ入るのはかなりつらいと思います。重いですし。

 

パークで遊ぶ用の板は、バックから入れるようにトップとテールが同じ形状をしています。ハーフパイプを楽しみたいとか、かっこよくエアーを決めたいとか、そっち系のスキーがやりたい人にはおすすめです。ただ、それ専用なので、スピードはあまり出ません。

 

また、ショートスキーもフリーライド系の板に分類されるかもしれませんが、個人的にはあまりおすすめしませんね。元々ショートスキーは、ポジション矯正のために作られたものがルーツで、前後のバランスを取るのが難しく、少しスピードが上がってくると後ろへ倒れそうになります。短いので初心者でも、コブでもどこでも滑れますが、スキーと言うよりはスケートみたいな感覚で楽しむものだと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

《スキー 初心者》の板選び 初心者におすすめのスキー板
スキー初心者の、板の選び方について。技術のレベルに合ったスキー板を選ぶ事は、スキーの上達にとって非常に重要な事です。おすすめの初心者用スキー板の紹介。
人気のスキー板 中級〜上級用基礎系
中級〜上級用基礎系スキー板の紹介。サロモン、オガサカなどの基礎系スキー板の評価、おすすめのスキー板について。人気のサロモンやオガサカの人気モデルの紹介
《スキー》2016年モデルを試乗してきました
スキーの2015年‐2016年モデルを試乗してきました。私なりの感想、インプレッションです。
2015-2016 中級〜上級用スキー板の評価
2015-2016 サロモン、オガサカなどの基礎系スキー板の評価、おすすめのスキー板について。人気のサロモンやオガサカの人気モデルの紹介
オガサカスキーの評価 オガサカのここがおすすめ!
オガサカのスキー板は値段が高いというイメージがありますが、決してそんな事はありませんよ。オガサカのスキー板をおすすめする理由とは?
私がオガサカ KS-GP-01を選んだ理由
オガサカのKS-GP-01を買いました。オガサカ KS-GP-01を選んだ理由。KS-GP-01の評価、レビュー
HEADのスーパーシェイプiSPEEDを買ってみた
HEADスーパーシェイプispeedを買ってしまいました。ispeedのレビュー、感想
HEAD i.SPEED 整地、不整地何でもござれのお勧めスキー!
HEADのスキー、スーパーシェイプ アイスピード(ispeed) のレビューです。昨年からオガサカからヘッドに乗り換えました。今まで国産スキーが一番良いかと思っておりましたが、考えが変わりました。ちょっと、びっくりするくらい良い板ですよ。
モーグル用のスキー板ならこれ!
モーグルのスキー板はメーカーが相次いで撤退していますので、選択幅はかなり限られます。K2、ID one、エランあたりが製品をリリースしていますが、それでも1種類くらいしか出してません。おすすめモーグル板、など。
スキー板の化粧面に雪が付着するのを防ぐ方法
スキーの化粧面(滑走面じゃない方)に雪がくっつかない方法について
ヤフオクなどで中古のスキーを買う時に気を付けるべき事
ヤフオクなどで中古のスキーを買う時に気を付けるべき事があります。