スキー板のチューンナップ、激安ショップの紹介

 

リフト券付きなど特典付きツアー⇒じゃらん スキー、スノーボードツアー

スキー板のチューンナップ、激安ショップ

スキーの激安チューンナップをお探しですか?
リンクファスト楽天市場店
全日本技術選出場選手も信頼をよせる職人によるスタンダードフルチューンナップ。チューンナップ内容は、サンディング、ストーン仕上、エッジ研磨、滑走面リペア、クリーニング、ワックス。送料込みでこの価格。エッジ角度は、ベース角0.5度〜1度、サイドエッジ角度88度〜89度が指定できます。
スキーライフ365
チューンナップ内容は、ストラクチャー加工(クロス中目)、エッジ機械仕上げ(ビベル1°、サイド88°、角度指定不可)、エッジ防錆加工、機械ワックスです。ストラクチャーも入ってこの激安価格ですが、スキー板との同時注文のみの限定価格です。スキーライフ365さんでスキー板を買うならお得です。スタンダードの他にスペシャルがあります。
SKI PRO SHOP カミヤマスポーツ
チューンナップ内容は、滑走面研磨、エッジ研磨、最終手仕上げ(サイド88°ビベル1°)、キズ補修、ストーン加工(クロス仕上げ)、ホットワックスです。ストラクチャーも入れてこのお値段は安いです。
ピステ 楽天市場店
リペアからストラクチャーまで入ってこの価格。チューンナップ内容は、滑走面研磨、エッジ研磨、リペア加工、ストラクチャー、ダリング、当店オリジナルのホットワックスです。
スキーのチューンナップも、ネットならびっくりする値段で出来ちゃったりします。 送料も負担してくれるところが多いです。また、必ずしも値段が高い⇒良いチューン、安い⇒悪いチューンというわけではありません。高くても、酷いチューンナップをするショップもありますし。以前、ネットで、esportsさんっていうところにチューン出してましたけど、値段が安く、仕上がりもまぁまぁでした。一番良いのは信頼のおけるショップに持っていくのが一番なのでしょうけど、やはりコストパフォーマンスを考えると、そこそこ仕上がりが良いならネットで注文を出すのも選択肢の一つにしたらいいと思いますね。

スポンサーリンク

チューンナップをオガサカに出す

オガサカへチューンナップに出す方法もあります。

以前はアルペンなどのショップからオガサカへ送ってもらうというサービスでしたが、それが自宅からも出せるようになりました。

オガサカ公式ホームページ チューンナップについて

オガサカじゃないメーカーのスキー板も取り扱ってくれますが、別途料金が必要です。 値段は少々高めですが、高いだけのことはあると思っています。何と言ってもオガサカの職人がチューンナップするのですから、半端な仕上げはしません。
 
ビベル角を何度にするとか、ストラクチャーの種類とか、ワクシングをどうするとか、スクレイピングをするかどうかまで細かく決める事も出来ます。 私の場合、センターツリーのストラクチャーを入れて、エッジはストーンディスクフィニッシュ、ワックスはベースだけ塗ってもらいます。仕上がりは本当に感動ものです。

また、余談ですがオガサカのスキー板は、買ったときからプレチューン済みなので、買ってからチューンに 出す必要がありません。

他メーカーの板は、基本的にプレチューンが必要です。プレチューンでストラクチャーまで入れて、手作業でチューンナップだったら大体15,000円が相場だと思います。 スキー板を買う時は、プレチューンまで考慮して買うと良いと思います。

プレチューンなんて必要ねーよ、と思うかもしれませんが、以前、チューンナップに出したショップが失敗して、スキーって特にエッジはちょっとの事で全然滑れなくなる事を体験しました。本当にびっくりするくらいまともに滑れなかったので、僕の中ではプレチューンをしないのはあり得ないです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

eSPORTSにスキーのチューンナップを出してみました
スキー板、スノーボードの激安チューンナップと言えばeSPORTSが有名ですが、実際仕上がりってどうなの?安くても大丈夫?eSPORTSのチューンナップのレビューです。
スキーチューンナップをヒマラヤに出してきた
2016年11月、スキーチューンナップをヒマラヤに出してきた、レポートです。
スキーワックスの選び方
スキーワックスにはいろいろ種類がありすぎて、何を選べば良いかわからなかったりします。私のスキーワックスの選び方について。
スキーにホットワックスをかけよう!
ホットワックスをかけている時、なんだかわくわくして、一番幸せな時間かもしれません。ホットワクシングのやり方、ホットワクシングに必要な道具の紹介。