eSPORTSのスキーチューンナップ

 

楽天トラベル スキー・スノーボード特集

↑↑↑↑北海道や、長野など、人気のスキーツアーが探せます。

eSPORTSチューンナップレビュー

【2018.9.1加筆】※どうやらeSPORTSはネットでのチューンナップ受付をやめたみたい。

スキーのチューンナップで安いところがないかなと探していると、宅配でチューンナップをやってくれるサービスが目に付きます。その中でもeSPORTSは内容の割りにかなり安いお値段で気になります。実際チューンナップを出してみました。

eSPORTSのチューンナップ
まず、eSPORTSのサイトからチューンナップを頼みます。当然ストラクチャー+セラミックディスクです。

するとすぐに梱包資材が送られてきます。

eSPORTSのチューンナップ
中身はダンボール箱と緩衝材(プチプチ)、送り状と注意書きみたいなものが入っています。

送り状はあらかじめこちらの住所氏名、eSPORTSへの送り先がプリントしてあって、送る際と板が帰ってくる際の宛名を書かなくていいので楽チンです。

eSPORTSのチューンナップ
さて、ここからですが、スキーのワックスをはがします。 注意書きには、

固形ワックス等を使用されている場合、リムーバー,スクレーパー等を利用しワックスを剥がしてから板をお送りください。 剥がされていない場合、別途追加料金(1,575円)をご請求させていただきます。 ※WAX成分が殆ど残っていない状態や、スプレー式等の簡易ワックス程度でしたら、   追加料金が発生することはございません。と書かれてあります。

一応シーズンが終わってワックスはハゲハゲの状態なので、このままでも良いかとは思ったのですが、 念のためリムーバーをシューッとやって、クリーニングペーパーでふきとっておきました。まぁよっぽどひどく固形ワックスがこびりついていない限りはそのまま送っても追加料金がかかることはないと思います。

eSPORTSのチューンナップ
あとは緩衝材(プチプチ)を板にくるんで梱包するのですが、緩衝材はそんなに大きくないです。スキー板をひと巻きするくらいの必要最低限の面積です。

スキー板や、ダンボール箱を梱包するためのガムテープが必要です。


eSPORTSのチューンナップ
箱に入れるとかなり隙間が開いてガサガサするのでこれで大丈夫かな?とも思えますが、余分なものは詰めないようにとも書いてありました。

まぁよっぽど板に傷が付くわけでもないだろうから、大丈夫だろうとは思いましたけど、こだわる人はちょっと抵抗があるかもしれません。梱包は本当に必要最低限といった感じです。毛布にでもくるんで出したいくらいでしたが、宅配の人が丁寧に扱ってくれると信じて出しました。

eSPORTSのチューンナップ
板は10日も経たずに帰ってきました。シーズン前だったのに、予想よりかなり早かったです。問題の仕上がり具合ですが、全く問題ありませんでした。

簡易的な梱包で大丈夫かなとも思ったんですが、それも問題なしです。 エッジも春スキーでガリガリいわせた箇所もキレイに仕上がってました。当然バリも出てません。実際滑っても良いフィーリングでした。

eSPORTSのチューンナップ
滑走面もきれいにストラクチャーが入ってました。フラットも出てますし、石で滑走面がえぐられた箇所もきれいにリペアされてました。

細目クロスのストラクチャーがわかりますか?

オガサカも宅配でチューンナップをやっています。以前はショップからしか送れなかったんですが、今は家から送れるようになったみたいです。オガサカのチューンナップは完璧で、ちょっと感動を覚えるくらいなのですが、正直eSPORTSの場合はそこまでのレベルじゃないです。

ただ、値段も半額以下なんで、あまり仕上がりにこだわらない人はeSPORTSで十分だと思います。安いしスキーを持っていく手間もかかりませんし。 競技や基礎の大会に出る人ならいざしらず、一般のレジャースキーヤーレベルならeSPORTSをおすすめします。

スポンサードリンク

 

関連ページ

スキー板のチューンナップ 激安ショップのご紹介
スキー板チューンナップのショップ情報。スキー板のチューンナップ、激安ショップのご紹介。
スキーチューンナップをヒマラヤに出してきた
2016年11月、スキーチューンナップをヒマラヤに出してきた、レポートです。
スキーワックスの選び方
スキーワックスにはいろいろ種類がありすぎて、何を選べば良いかわからなかったりします。私のスキーワックスの選び方について。
スキーにホットワックスをかけよう!
ホットワックスをかけている時、なんだかわくわくして、一番幸せな時間かもしれません。ホットワクシングのやり方、ホットワクシングに必要な道具の紹介。